都市銀行の魅力に気づこう!

都市銀行のオンラインサービス

都市銀行では最近オンラインバンキングサービスやインターネット支店を設置するなどして、オンライン取引の拡充と新たな顧客の獲得を狙っています。特にこうした流れにおいては、どの都市銀行も様々なサービスを打ち出して業務の拡充を行っています。

インターネット支店とは、通帳を発行せずインターネット上から確認できるようにしているもので、今どきのインターネット専業銀行と同等、またはそれに近い水準の金利や手数料によってサービスを提供しています。インターネット専業銀行が大々的に展開していたサービスを、都市銀行が行うようになったというわけです。

もともと、オンラインバンキングサービスを行っている都市銀行がありましたが、あくまでもインターネット経由で振込や残高確認ができるというサービス程度しか行っていなかったのですが、インターネット支店を設けることで、インターネット支店専用の定期預金や普通預金、それにカードローンなどを提供することで都市銀行も新たな顧客の獲得に乗り出しているのです。

特に都市銀行の中でも三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のメガバンク、そして新興勢力のりそな銀行の4大都市銀行では、それぞれオンラインバンキングサービスを開始していて、特に振込手数料の優遇や、提携ATMからの引き出し手数料無料と言うのを売りにしています。今後もインターネット専業銀行と激しいシェア争いが繰り広げられるのではないでしょうか。