初心者だから知りたい投資信託の全て

投資信託を購入する機関の選び方

「景気が良さそうなので株に投資したいけれど、お金がそんなにないし、やったことも無いので不安」という人にとって、うってつけなのが投資信託です。投資信託とは、多くの投資家から集めた資金を1つのファンドにまとめ、それを株や債権、不動産などに投資する金融商品のことです。各個人投資家の資金は小さくても、集めて大きくすることによって、さまざまな投資を可能にした商品といえます。

投資信託の最大のメリットは、少額の資金でも株式などへの投資をすることができるということです。株式を買う場合は、一昔前より買いやすくなったとはいえ、通常20万円程度の資金が必要ですが、投資信託なら1万円でも投資が可能です。

また、投資信託では投資対象を複数に分散させることができるため、投資した企業が倒産して資金が消滅した、というリスクを回避することができます。しかも、投資信託ではファンドマネージャーという投資の専門家が運用を担当しているので、投資に素人の個人が行うよりも確実で効率的な運用が実現できます。

ただし、投資信託会社に委託することになるので、販売手数料や信託報酬などのコストを負担することになります。ちなみに、投資信託には3つの会社が関係しており、ファンドを販売して資金を集める「販売会社」、市場における運用を指示する「運用会社」、そして売買の処理や資金を管理する「信託会社」です。これらの機関についても事前に確認し、コストやメリットをしっかり見比べて会社を決定しましょう。