初心者だから知りたい投資信託の全て

投資信託で利益を得る方法

投資信託には、リスクもあるということをあらかじめ理解しておかないといけません。投資信託は安全だというセールストークは、全く根拠がないでたらめなのです。だからといって、リスクがある一方でハイリターンも期待できる、それが投資信託です。どんなリスクがあるのかを知っておけば、それに対する対策というのも取れることでしょう。

投資信託にはいくつかのリスクがありますが、その中でも非常に「まずい」のが、デフォルトのリスクです。デフォルトというのは何かというと、予定していた配当や償還金が手に入らなくなる「焦げ付き」状態になることです。

例えば国であれば国債というのを発行しています。国債というのは国がする借金のことで、その債券の購入者に対して、10年後などに少し金額を上乗せして返すことをいいます。これによって国は、政策を実行するための予算を確保できるというわけです。ところが、国全体が財政難に陥ってしまうと、あらかじめ予定されていた償還金が支払うことができなくなる事態が起き、これが「デフォルト」と呼ばれる資金焦げ付きの状態になるのです。債券に投資する投資信託の場合、デフォルトリスクはあります。

国債のさらなる情報をお求めの方は⇒http://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/
「こちらは、財務省の個人向け国債のWEBサイトです。個人の方が買いやすい安全で手軽な個人向け国債には、変動10年、固定5年・3年の3つの種類があり、それぞれの特徴をわかりやすく説明しています。また、現在募集中の個人向け国債の情報も掲載しています・・・」

それ以外にも、金利変動のリスクというのはあります。一般的には、金利が上がった場合には債券の価格は下がります。逆に、金利が下がった場合には債券の価格は上がるというものです。金利の高い時期には、できるだけ投資信託をしたいものです。また、これらの「売り時」「買い時」をしっかりつかむだけの情報と判断をできるようにならないといけないでしょう。