初心者だから知りたい投資信託の全て

投資信託と株の違い

資産運用する際に手っ取り早い方法が、投資信託や株の売買です。週に数日、ほんの10分程度パソコンをいじるだけで、数千円〜数万円、賭ける金額によっては数十万円、数百万円といった風にお金を増やせるメリットがあります。ただ、判断を間違うと、同じように数千円〜数百万円といった風に損する場合もあるのです。それでも不動産投資や他の副業を始めるよりは在庫もいらないし、楽にお金を動かせるといったメリットは大きいです。

そんな中で投資信託と株、どちらがあなたに向いているのか分析してみましょう。そもそも投資信託は日本インデックス株、天然資源株、アジアのリート、オーストラリアブラジルの国債といったように、複数の株の銘柄を投資家達から集めた資金を、投資のプロが運用して利益を生み出しているの投資商品です。

株の初心者や数多くある株の上がり下がりを分析するのが面倒といった人には、投資信託が向いているでしょう。企業の動きや株価の動向に敏感、国内や世界の情勢に精通している、大儲けしたい、株主優待券が欲しいといった人には株の売買が面白いと思います。

株のさらなる情報をお求めの方は⇒http://stocks.finance.yahoo.co.jp/
「Yahoo!ファイナンス「株式」では、株価や株主優待、IPOなど日本株情報のほか、世界の主要株価指数、投資信託や中国株など投資に役立つ情報を掲載しています・・・」

どちらにしてもどの銘柄にいくらつぎ込むかといった事は全て自分の責任になるので、何かあれば損してもいいぐらいの金額を賭ける事が大事です。あとは一時的に下がったとしても、すぐに下ろさずにしばらくの間は様子を見たり、下がった時に多く買付けたりするといった気持ちが大事ですし、それ以上に手元のお金の余裕が大事であることは間違いありません。