初心者だから知りたい投資信託の全て

投資信託はどのように買う?

最近では、年金でさえも信用できない世の中となってきています。自分の資産は自分で増やし守るというのが当たり前の時代になってきているのです。特に欧米では、既に盛んとなっているのが「個人資産」の運用です。日本ではようやく盛んになってきたという感じです。

そんな個人資産の運用の中で、今注目を集めているのが、投資信託です。しかし、そもそも投資信託というのは何なのか、そしてどのようにして購入するのかがよく分かりません。まず末端には、投資家という存在がいます。それが、いわゆる私たちのような一般市民と考えていいでしょう。

投資家が投資したお金は、まとめられて運用の専門家のところへ集められます。運用の専門家は、それを様々な所へ投資をします。どこへ投資をするかというのは、投資家が決めるのではなく、運用の専門家が決めます。株式や債権、国内外を問わずさまざまなところに投資をして、リスクを回避します。

その結果、投資が成功をすれば投資家は利益を得ることが出来ます。しかし、投資が失敗をすれば投資家は投資額を下回って損をしてしまうことがあります。つまり、投資信託というのは元本が保証されていないのです。このあたりは、銀行の預金とは大きく異なるところです。

ちなみに、投資信託はどのように行うのかというと、投資信託の運用会社に資金を預けます。信託銀行というようなところが代表的な機関です。他にも様々な運用機関がありますので、手数料などのかかるコストのことも踏まえて、慎重に選びましょう。

信託銀行のさらなる情報をお求めの方は⇒http://www.sumitomo.gr.jp/kids/kengaku/sumitomotrust01.html
「信託銀行(しんたくぎんこう)というのは、そうした銀行のお仕事のほかに、信託業務(しんたくぎょうむ)を行う銀行のことをいうんだよ・・・」