都市銀行の魅力に気づこう!

都市銀行の人気ランキング

都市銀行の人気を比較しようとすればさまざまな指標があると思いますが、私は特に「売上高」と「格付け会社の格付け」を重視しています。前者はやはり銀行が信頼できるだけの取引を行い、またそれらの取引を扱えるだけの資産を持っているかどうかの指標となりますし、後者は売り上げだけではない様々な要素を踏まえて第三者が銀行の財務状況を評価していることもあって、非常に信頼できると思うのです。

人気ランキングと言う言葉で検索をしてみると、多くのホームページが見つかりますが、個人の感想や個人の価値観に基づいたランキングが多いので、私はあまり信頼していません。銀行は私たちの資産を預け、資産を増やすための場所ですから、それらの部分が反映された人気ランキングであれば信頼もできますが、そうでなければあまり信頼しない方がいいでしょう。

2012年度の決算を見てみると、各銀行の売上高はやはり都市銀行がランキングの上位を占めています。三菱UFJフィナンシャル・グループの売上高は4.9兆円で国内1位、2位には三井住友フィナンシャルグループがつけて3.9兆円、みずほフィナンシャルグループが順当に3位に付け、2.7兆円の売り上げ。やはりメガバンクと呼ばれる都市銀行は非常に強いです。その後にもりそなホールディングス(売上高8598億円)や新生銀行(売上高4132億円)が後につけています。

また、格付け会社の格付けもぜひ今後注目してください。よくA+とかAAA+とかアルファベットの指標が付けられているのがそれなのですが、アメリカの代表的な格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)、ムーディーズ(Moody’s)、国内最大手の格付投資情報センター(R&I)では、金融機関の信用格付けを行っています。同時にこれらの会社ではファンドや年金運用関連のコンサルティングも行っていることもあり、投資関係の情報に精通している企業です。投資家の方には特に格付け情報も気にしてほしいです。

格付け会社のさらなる情報をお求めの方は⇒http://www.r-i.co.jp/jpn/
「R&Iは、最も信頼され、最も使われる格付会社となることを目指し、格付情報の信頼性を高めるための努力を続けています。・・・」