都市銀行とは

そもそも都市銀行とは、全国で均一の銀行業務を行っている銀行のことです。経済界の定義でいえば「大都市に本拠地を構え、その他都道府県単位に支店や営業所を設けて全国均一のサービスを行っている銀行」とみなされています。

都市銀行の中には、メガバンクとして有名な「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」を筆頭に、「りそな銀行」や「新生銀行」そして最近合併して誕生した「あおぞら銀行」などの資産規模が中規模の銀行も都市銀行として扱われる場合があります。

都市銀行のさらなる情報をお求めの方は⇒http://www.woman110.com/200807/cat067.html
「大都市に本店を置き、全国規模でサービスを提供している銀行を都市銀行といいます・・・」

それ以外の銀行は一般的に地方銀行となります。地方銀行はそれぞれの都道府県を主たるエリアとして銀行業務を行っている銀行で、地域に密着したサービスを提供している銀行として知られています。同種の金融機関には信用金庫、農協や漁協の金融部門などがあります。信用金庫は法律で営業エリアが規定されていて「会員制の互助的な金融機関」として扱われています。その点でいえば組合員の出資金で運営する農協や漁協の金融部門も同種と言えます。

そして最近名前をよく聞く信託銀行は、顧客がその資産を銀行にゆだねて資産運用する信託業務を行うことができる銀行のことです。一般的に法人や富裕層、投資家向けのサービスや金融商品を提供している銀行です。

都市銀行は全国規模のサービスを重視する方向から、資産運用や住宅ローンなど、資産家や一般顧客の取り込みを図っている時代になっています。ネット専業銀行などの登場もあり、金利だけでは競争に勝てなくなってきた現在、今後もサービス重視の経営方針を打ち出してくるものと思います。